読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リクルート出身】外資系コンサルDaikiのマーケティング日誌

リクルート出身の経営コンサルが、これから取り組んでいくProjectをリアルタイムで発信していきます。

【vol.9】リッツカールトンにて記念日ランチ。レベルの高い接客を科学する。+いちいち感動させる料理達。

こんばんは!経営コンサルタントのDaikiです!

今日も真夜中の投稿でございます(夜型決定か…)

 

 

明日のアポイントに向けて資料作りをしていましたが、

ちょっと頭が疲れてきたので、ブログにてアウトプットです。

 

 

同じ頭を使うでも、テーマを変えて考える事は息抜きになるのです!

 

 

まっ、それはいいとして、

題名の通り、今日はリッツカールトンに行って来ました。

いいですね、キャッチコピーがね。

こんな高級な我が家ねーよって突っ込みたくなりますが(笑)

f:id:justdodaikit:20160224020039j:plain

 

リッツは何度か行ってますが、今日は初めてフレンチの【ラ・ベ】へ。

6回目の結婚記念日でしたので、ここは奮発せんといかん!と。

(子供を預けて行ける限界はランチですよね…ディナーに行きたい)

 

 

急にプライベートな事を書いてますが、

もちろん、普通に感想を書く訳ではなく、

コンサルタントとして読んでる方に役に立つように

 

【リッツカールトンを科学する】

を意識して書いていこうと思います。

 

 

ちなみに、僕の奥様が新卒で最初に働いたのがココだったのです。

航空会社のキャビンアテンダントになるステップとして選んだそうです。

 

 

リッツカールトンで働く事で、接遇に関してのステータスが得られるとの理由で。

6次面接まであったそうです(滝汗)しかも英語面接も2回?あったそう。

僕には到底無理ですが。

 

 

相当に厳しいんだそうで、最初にやる事は、

VIP客の名前と顔を覚える事だそうです。

顔+名前の資料をボンっと渡されて、はい!覚えて!との事。

しかも顔写真が白黒で画質悪いそうです(汗)

 

 

でも、それはVIP客相手でなくても活かされてるなと感じました。

当たり前ですが、【名前で呼ぶ】を徹底されていると思いました。

 

f:id:justdodaikit:20160224021839j:plain

 

これは営業をする上で非常に大切なテクニックです。

ラポールっていう言葉はご存じですか???

信頼構築を意味するのですが、このテクニックはラポールに寄与します。

 

 

対して、名前を呼び間違ってしまったり、違和感を感じさせると逆効果です。

経験ないでしょうか?

自分宛てのメールで名前の漢字が違ってた時の「は?」という感情。

そういう事です。気を付けましょうね!

 

f:id:justdodaikit:20160224021422j:plain

 

せっかく極上の空間(=あなたの自慢のスキルやキャラ)があっても、

その失敗で台無しになったりもする。

 

 

題名で、レベルの高い接客と書きましたが、これは少し難しい話になります。

僕の中で違和感を感じさせない事がいい接客なのです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これって分かりますか???

言語化するのは難しいのですが、これは非常に大切です。

 

 

これは少し、考えて頂くといいかもしれません。

考えるヒント(みたいなもの)としては

 

・美容室に行った時に感じた違和感

・エステに行った時に感じた違和感

・マッサージに行った時に感じた違和感

 

また、回答音声を投稿しますね!

では!!